GODIUS GUILD  Artemis
TOPへギルドについて規約メンバー表BBSメンバーBBS日記リンク


マーク ギルドについて

ギルド基本方針

GODIUSの背景を大切に

いくつかの戦乱の果てに平和を築が築かれました。
更なる平和を願い人々は努力しましたが、どうも失敗・・・
現在は、ベルク・タペリ・悪魔(モンスね)の三つ巴の戦いが繰り広げられています。

どうも、本当の黒幕がいると思うのだけど、それは・・・・モンスを沸かせるGM??

GODIUSのシステムを十分楽しむ

いろいろなガディウスの楽しみがありますね。

★レベルを上げて、新しい服を着る
★キャラクタの育て方
★仲の良い人たちと、コミュニケーションを楽しむ・・・等々

今はもう、開拓され尽くした感があるガディウスですが、特徴の一つにプレイヤー同士の戦闘が可能になってます。当ギルドでは、世界観を大切に対人システムを楽しむ方針です 。



現在の情況 (公式HPより引用)

さらなる平和を願う人々は、タペリとベルクの王族を結婚させ、平和に大陸を統一しようと考えた。しかし、婚姻の儀が執り行われるようとするとき、タペリの王が理由のわからぬ死を遂げた。王は神を冒涜する言葉を吐き、苦痛にうめきながら、舌を噛んで死んだ。

タペリの民の間には、罪はベルクにあると言う噂が広まった。平和と統一を望む神の意志に従わない者が、ベルクにいる。神が受け入れた民を、受け入れない冒涜の徒がいると。噂は、人ごみを走るネコのように、民のあいだを駆け抜けた。

タペリの王が倒れて、日が経たないうちに、ベルクの王が乱心した。親族・使用人を惨殺し、血に染めた剣で、王は己が喉を切り裂き、そして倒れた。

ベルクの民は、王の乱心をタペリの呪いとささやきあう。タペリの民は異国の民。聖壇に汚物を供え、ガディウスの名を逆さに唱える邪教の徒と。噂はまとわりつく風のように、民のまわりを渦巻いた。

薄い氷のようになった2つの国の信頼を打ち砕いたのは、タペリであった。タペリの民は、タペリの王が死んだのは、ベルクの民に理由があるとし、平和を乱すベルクの民に、あらゆる権利を認めないと宣言した。ベルクもこれに対抗した。神を信じないタペリの民に、害を与えることは罪にならないと宣言した。

人々の心に激しい憎悪が渦巻いた。憎悪は神への信仰を薄れさせた。憎悪が大陸に満ちると、その醜い心を喰らい、かつて神に敗れた悪魔が甦った。悪魔が雷のような声で「来たれ」と言うと、硫黄の匂いを放つ黒い雲の中から、多くの怪物がやってきた。悪魔と怪物は神の背に住む人々を苦しめ、また、おくびょうな者、不信仰な者、人を殺す者、みだらな行いをする者、うそを言う者は魔性にとり憑かれ、目につく人を誰彼かまわず襲い始めた。

皮肉にも、同じガディウスの名の下に、また同じ聖戦という名の下に、2つの国は戦い、そして争い始めた。悪魔を交えた三つ巴の戦である。この戦いに、勝者はいるのか。いるとすれば、それは誰なのか。ガディウスの加護があらんことを…。

ページトップへ



一部当サイトで利用されている著作物の著作権は下記に帰属します
Copyright (c) EAST ENTERTAINMENT・SUCCESS・GAMESPACE24 2001-2002

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス